😍 ILLUSTRATION 2020 コラボ特集公開中 😍
  1. スシヤマのジャーナルズ
  2. 仲良くなりたい人と2週間に3回会う話

仲良くなりたい人と2週間に3回会う話

この記事は、Pepabo Managers Advent Calendar 2018 の14日目の記事です。
前回の記事は@kurotakyさんの「導管メタファーと対話」でした。

軽く自己紹介をすると、GMOペパボ株式会社SUZURI事業部で
企画・イベントや新規事業のマネージャーをしています。
振り返りの時期なので今年意識してきたことと結果について書きます。

今年意識したこと

  • 仲良くなりたい人とは初めて会ってから2週間に3回会う

なぜ意識していたか?

社外で尊敬している人に飲み会で言われたのでやってみました。

社内では仲間と運とタイミングに恵まれて、
サービスの責任者になり、入社時よりもアドバイスをもらうことも
少なくなった時期でした。

「経験学習」入門によると
人材の成長は、
70%は自分の経験
20%は他者のアドバイス
10%は読書や研修
からうけることができると書いてあります。

他社のアドバイスが減る=成長が鈍化するという危機感がありました。

良かったこと

1.本音で話せるようになる

3回くらい会うと最初のうわべの会話みたいなところで
話すことがほとんどなくなります。

10年後どうなっていたいとか、過去にどういうことがあったかとか、
あとはしょうもない話まで、本音で話すことができるようになりました。

2.SUZURIで協賛イベントが実現した

全く予想外でしたが業務に繋がりました。

原宿のデザフェスギャラリーでテサインフェスタという
イベントをすることができました。来場者は2日で1,100人!
終始賑わっていました。


※会場の様子

そのときの経緯などはkakeruさんにインタビューしてもらいました。
企業とクリエイターの上手な付き合い方とは?「テサフェスvol.2」主催者の裏話から学ぶイベントのこれから

僕の上司の@atakaPもテサインフェスタ開催とSUZURIのイベントサポートについてで書いていますが、
もっとSUZURIを使ってもらっているクリエイターの方々と濃密なイベントをやりたい!という夢もできました。

楽しくイベントさせていただいたクリエイターの皆様、
主催のきくちゆうきさん、福留茜さんありがとうございました。

3.他人にコントローラーを握らせてみると楽しい

ゲームみたいに考えてしまうと

【普段】
自分がコントローラーを握って、自分自身を動かしてる状態

実はこのときって新しい発見が少なくなってしまうんじゃないかなって
思うんです。

【アドバイスを全力でやってみる】
他人にコントローラーを握らせて、自分を動かしてもらう状態

こういう状態を無理やり作ることで、新しい武器の使い方を知るというような
発見があるかもしれない。少なくとも自分は、思いもよらない結果につながって楽しかった。

難しかったこと

「仲良くなりたい人と2週間に3回会う」は数字目標も入っているんですが
もともと人見知りなので勇気がいるし、できないこともいっぱいあった。

まとめ

今回は社外の方からのアドバイスでやってみましたが、
いいアドバイスがあったら今後も積極的にやっていきたいです。
2019年もSUZURIを盛り上げていくぞー!

書いた人

ペパボ2012入社 SUZURI @suzurijp マネージャー

オススメアイテムズ